USJ、世界初の「任天堂」エリアのイメージと新情報を公開、ピーチ城やマリオカート、ヨッシーのライド・アトラクションも

発表資料より

ユニバーサル・スタジオ・ジャパン(USJ)は2020年の東京オリンピック開催前のオープンを目指す「任天堂」テーマエリア「SUPER NINTENDO WORLD」について、新ビジュアルを発表した。

同エリアは「Nintendo」のエンターテイメント・ブランドの魅力を世界に発信する、世界初のテーマエリア。任天堂の人気キャラクターやゲームの世界観を多重構造で再現しており、新ビジュアルにはマリオの世界のアイコンでもある「ピーチ城」や「クッパ城」、人気キャラクター「ヨッシー」のライド・アトラクションを描いた。

このほか、エリア内には「マリオカート」のライド・アトラクションやショップ、レストランも設置。USJのさらなる集客拡大の起爆剤として期待する。関西大学名誉教授の宮本勝浩氏は、同エリアオープン後の10年間でUSJが創出する経済効果は、近畿圏で約6.2兆円、全国で約11.7兆円、雇用効果は約108万人に及ぶと試算している。

発表資料より

みんなのVOICEこの記事を読んで思った意見や感想を書いてください。