JR九州、3年半ぶりの新列車を来年秋に投入、「走る九州」コンセプトに九州7県を5ルートで

JR九州は2020年秋に約3年半ぶりとなる新しいD&S列車「36ぷらす3」の運行を始める。

コンセプトは「九州のすべてが、ぎゅーっと詰まった"走る九州"といえる列車」。運行ルートは曜日ごとに5つ、九州7県を巡り、年間45週程度の運行を予定する。ダイヤ、運転日、販売方法、サービス概要などは詳細が決まり次第発表される。

報道資料より報道資料より

みんなのVOICEこの記事を読んで思った意見や感想を書いてください。