ジョルダンのMaaS子会社に電通が出資、「MaaSサプライヤー」実現へ業務提携

経路探索サービスのジョルダンは、子会社のJ MaaSが電通と資本業務提携を締結した。

J MaaSは、2018年7月に設立。移動全体をサービスととらえ、すべてのサービスをスマートフォンで完結できるプラットフォームを提供する「MaaSサプライヤー」となることを目指している。鉄道や航空、バスなどの予約システムを統合し、各事業者のインターフェースの共有やデマンド交通、ライドシェアなども含む経路の提案、天候や混雑状況など外部環境を考慮した移動を提供するため、準備を行なってきた。

今回の資本業務提携では、J MaaSは電通からの出資を受け入れ、MaaSサプライヤーとなるための各種業務に関する提携を行なう。電通のネットワークや企画力、マーケティング戦略を活用し、ジョルダンのオンラインチケット販売の拡大や移動者データの活用による新しいMaaSビジネスに繋げていく。今後も、交通事業者やサービス事業者との資本業務提携を増やし、事業拡大を進める予定だ。


みんなのVOICEこの記事を読んで思った意見や感想を書いてください。