飲食店の即時予約サービスが中国モバイル決済「アリペイ」と連携、アプリ上から即時予約を可能に

飲食店向け集客支援サービス「ビスポ!」を提供するBespo社は、中国モバイル決済サービスのアリペイ「Alipay」のユーザー向けに、日本の飲食店の即時予約サービスを開始する。アリペイのミニアプリをローンチして実現するもので、Bespoによると、アリペイ上で日本の飲食店が予約できるサービスを提供するのは初めてのこと。

ビスポ!はLINEチャットを使った即時予約サービス。LINE公式アカウント上に時間や人数、料理ジャンルなど予約に関するリクエストをしたユーザーに対し、条件に合致し、かつ、希望日時に空席のある店舗のみを抽出して即時にマッチングを提供する。さらに今回の連携では、アリペイサービスに対応した飲食店を予約できることになるという。

訪日旅行の最大市場である訪日中国人旅行者は年々増加しており、日本ならではの食体験を希望する観光客も増えている。訪問先が都市部から地方へと移動するなか、言語対応などの問題もあり、訪日旅行者が人気の飲食店を予約できる最適なサービスが少なかったのが現状だ。また、飲食店側も訪日旅行者に適した情報を発信できていない課題もある。Bespoでは、こうした課題を踏まえ、訪日中国人旅行の増える春節の時期にあわせ、今回のサービス連携を行なった。

みんなのVOICEこの記事を読んで思った意見や感想を書いてください。