セガサミー、日本国内のIR参入へ本腰、世界的建築事務所や著名マーケターや京都吉兆など協業へ

#IR

セガサミーホールディングスは、 日本における統合型リゾート(IR)事業参入に向けた取り組みを本格化する。世界を代表する建築家ノーマン・フォスター氏率いるイギリスのフォスター+パートナーズ(Foster + Partners)と戦略的業務提携を締結。両者の強みを生かして協業することで、IRでの新たな価値を創造していく。

セガサミーは、リゾート事業の育成・強化を事業戦略上の最重要テーマに掲げ、宮崎県の「フェニックス・シーガイア・リゾート」や韓国初のIR「パラダイスシティ」を運営している。 フォスター+パートナーズは、香港上海銀行(HSBC)香港本店ビルや大英博物館グレートコートなど多くの世界的建造物を設計建築。アップル新社屋の建築も手掛けた。最先端技術を駆使しながら、歴史的な背景や環境に配慮する独自のアプローチは世界的な評価を受けている。

また、日本を代表するマーケター森岡毅氏率いる「刀」と戦略的パートナーを締結。 候補エリアのひとつ横浜でのIRの実現に向け、すでに日本型IRの事業プラン設計・構築に取り組んでいる。森岡氏は、 経営危機にあったユニバーサル・スタジオ・ジャパンのV字回復の立役者。

さらに、京都吉兆とプロデュース契約も締結した。今後、日本で展開するIR施設において本格料亭旅館の企画、 開発を共同で進めていく。このほか、セガサミーは1月29日からパシフィコ横浜で開催される「第1回[横浜]統合型リゾート産業展」へも出展する。

みんなのVOICEこの記事を読んで思った意見や感想を書いてください。