JALとANA、新型コロナウイルス対応で運休・減便を決定、3月29日まで、払い戻し手数料なしなど特別対応

全日空(ANA)と日本航空(JAL)が2020年2月4日、新型コロナウイルス感染拡大に伴い、一部の中国国内への国際線運航便で3月29日までの一時運休と減便を決定した。また、航空券の払い戻しや搭乗日変更などの特別対応も発表している。

全日空(ANA)の運休・減便対象路線は以下のとおり。

ANA:発表資料より

また、ANAは2020年1月発券分まで・3月31日搭乗分までを対象に、中国空港発着路線の航空券の払い戻しに手数料なしで対応。1回のみ、搭乗日の変更にも対応する。

一方JALは、北京線、上海線、広州・大連線で3月29日までの運休・減便を発表。同社も特別対応として、2020年1月発券分まで・3月31日搭乗分までを対象に、航空券の手数料なしの払い戻しや1回のみの変更措置に対応する。

詳細は以下まで。

みんなのVOICEこの記事を読んで思った意見や感想を書いてください。