観光サイト閲覧数ランキング2019、旅行サイト首位は「じゃらんnet」、都道府県は「OSAKA-INFO」

日本観光振興協会は、ネット行動分析サービスを提供するヴァリューズと共同で、2019年の観光関連ウェブサイトの年間閲覧者数を調査し、その結果を発表した。この調査では、ネット行動ログとユーザー属性情報を用いた分析サービス「VALUES eMark+」を使用し、ヴァリューズが独自に定義する「旅行・交通」カテゴリーのウェブサイトおよび各都道府県公式観光情報サイトについて、2019年と2018年の年間閲覧者数を比較。 さらに2019年の1年間において「観光」を含む検索語句とその検索者数を集計した。

「旅行・交通」サイトでは、PC、スマートフォンともに、「じゃらんnet」と「楽天トラベル」が2強となり、「トリップアドバイザー」、「JR東日本」、「ANA」が続いた。スマートフォンでは7位の「エイチ・アイ・エス」が前年比119.9%、11位の「dトラベル」が同110.9%など、2桁成長が見られるサイトが複数あり、なかでもJR東日本の共通ポイントサイトである15位の「JRE POINT」は前年比132.0%と大きく伸びた。

報道資料より

報道資料より

都道府県公式観光情報サイトでは、PCのトップ3が大阪府の「OSAKA-INFO」、沖縄県の「おきなわ物語」 東京都の「GO TOKYO」。スマートフォンでは三重県の「観光三重」、大阪府の「OSAKA-INFO」、茨城県の「観光いばらき」。

おきなわ物語はPC、スマートフォンともに前年比で1.5倍超と大きく閲覧者数を伸ばしており、ログデータを分析したところ、 メール広告やアドネットワークなどの広告施策が償却につながったことが分かった。また、ネットで「伊勢神宮」を検索すると「観光三重」のサイトは上位に表示。 2019年は改元の年でもあったことから、伊勢神宮への参拝客が増加したことが背景にあるようだ。

報道資料より

報道資料より

このほか、ネットで「観光」と同時に検索されているキーワードでは、上位に「東京」、「京都」、「大阪」などのエリア名が多く入るなか、 「モデルコース」、 「観光スポット」、 「おすすめ」などランクイン。さらに「冬」、「雨」、「穴場」などのキーワードも上位に入ったことから、 天候が悪い場合でも楽しめる場所や、 混雑の少ない穴場スポットはどこかなど、 季節や状況に応じて変化する消費者ニーズがうかがえる結果となった。

報道資料より

みんなのVOICEこの記事を読んで思った意見や感想を書いてください。