緊急災害対応アライアンス「SEMA」、新型ウイルスで支援物資、ダイヤモンド・プリンセス乗務員に

民間企業53社および市民団体6団体が加盟する緊急災害対応アライアンス「SEMA(シーマ)」は、新型コロナウイルスの集団感染によって横浜港に停泊しているクルーズ船「ダイヤモンド・プリンセス」の支援のため、支援物資の提供を開始した。「SEMA」は、支援にあたり、関係各機関と連携し、食料や衛生用品、生活用品、化粧品などを入院中の乗務員へ順次届ける。

2020年2月17日には、FSX提供のおしぼり200個、ロート製薬提供のシートマスク(7枚入り)160個、オルビス提供の基礎化粧品セット(洗顔料・化粧水・保湿液のセット)100個、オイシックス・ラ・大地提供のせんべい100個を届けた。今後も、加盟会社から提供される物資を配送していく。

「SEMA」は、民間企業と市民団体(CSO)が連携し、日本国内において災害支援を行うアライアンス。平時から加盟各社が持つ物資・サービスなどをリストとして集約し、災害発生時にリストをもとに必要な物資・サービスを迅速に提供する。

みんなのVOICEこの記事を読んで思った意見や感想を書いてください。