ANA、アバター技術を訪日客向け観光案内所に提供、遠隔スタッフが観光案内

ANAホールディングスと三菱地所は、三菱地所が受託運営する日本政府観光局(JNTO)の外国人向け観光総合案内所「JNTOツーリスト・インフォメーション・センター」(TIC)で、ANAのアバター技術を活用した遠隔操作営業の実証実験を実施する。

各案内所では自然災害時における交通機関の運休等での出勤時間への影響や、人手不足、子育てや介護に伴う在宅勤務など、柔軟な働き方の基盤整備が急務となっている。

今回の実証実験は、こうした課題の解決に向け、遠隔操作営業での必要機能を検証するのが目的。ANA独自開発の普及型コミュニケーションアバター「newme」を活用し、在宅勤務者による業務遂行や、無人案内所でのアバター接遇を行なう。また、施設の開閉館や施錠等は、Live Smart社の「スマートホーム技術」で遠隔で行なうことも想定している。

実証実験の期間は2020年2月26日~2月28日まで。

みんなのVOICEこの記事を読んで思った意見や感想を書いてください。

注目観光局 セレクト5SPONSORED

トラベルボイスが注目する観光局の特設サイトです。ロゴをクリックすると注目観光局のインタビューやニュースを一覧することができます。

観光産業ニュース「トラベルボイス」編集部から届く

一歩先の未来がみえるメルマガ「今日のヘッドライン」 、もうご登録済みですよね?

もし未だ登録していないなら…