米国務省、新型コロナウイルス拡大で日本への渡航注意レベルを引き上げ

米国務省は2020年2月22日(現地時間)、新型コロナウイルスの感染拡大で米国民の日本への渡航情報をレベル2の「注意強化(Exercise Increased Caution)」に引き上げた。ウイルス感染経路が特定されていないこと、感染拡大が続いていることが理由。慢性疾患を抱える人などリスクが高く、不要不急の旅行の延期を検討すべきだと警告した。

米国における渡航の危険度は4段階で示されており、日本は最も低い一般的な注意を呼びかける「レベル1」だった。そこから1段階引き上げたものになる。

訪日については、新型コロナウイルスへの警戒で、タイや台湾でも政府が国民に渡航の注意喚起を行う方針。中国からの訪日でも団体旅行やツアーが中止が続いており、インバウンド市場への、さらなる影響は避けれらそうにない。

なお、同日、米国務省は韓国に対しても渡航情報を日本と同様のレベル2に引き上げた。中国に対しては、2月2日にレベル4となる「渡航中止(Do Not Travel)」としている。

みんなのVOICEこの記事を読んで思った意見や感想を書いてください。