ナビタイムの訪日客向けナビアプリ、3つの単語入力でスポット検索を可能に

ナビタイムジャパンは、訪日外国人観光客向けナビゲーションアプリ「Japan Travel by NAVITIME」で、ジオコーディングシステム「what3words」の対応を開始した。

what3wordsは、地理座標を3つの固有の単語で示すのが特徴。世界を3メートル四方に区切り、その区画ごとに3つの単語を割り当てており、例えば、ナビタイム本社入口付近の3ワードアドレスは「でこぼこ・かきね・みずに」。この3つの単語を入力することで、正確な位置が示される。これにより、同アプリでのフリーワード検索やルート検索時に、該当地の「3ワードアドレス」を入力するだけで検索が可能になる。

ナビタイムによると、日本のナビゲーションアプリがwhat3wordsに対応するのは初めてのこと。同アプリでは、中国語(繁体字)とベトナム語以外の11言語で利用可能とする。3ワードアドレスは、what3wordsのサイトで調べることができるほか、what3wordsを導入するガイドブック等に記載されている。

ナビタイム:what3words対応画面イメージ

みんなのVOICEこの記事を読んで思った意見や感想を書いてください。