ホテル運営支援SQUEEZE、新型コロナで苦しむ宿泊事業者にシステムを無料提供、6月30日までの3ヶ月間

スマートホテル事業やホテル運営支援を行うSQUEEZEは、新型コロナウイルスによる宿泊需要減少で厳しい状況に直面している宿泊事業者向けに、宿泊運営システム「suitebook(スイートブック)」の無償提供を開始した。期間は2020年4月6日から2020年6月30日までの3ヶ月。

suitebookは、ホテル・民泊など宿泊事業者や代行業者向けの宿泊運営システム。ユーザーは、物件の稼働状況や滞在者情報を一目で把握できることに加え、セルフチェックインシステム・スマートロックなどのIoT製品との連携により、施設運営業務の省人化や効率化、コスト最適化を行うことが可能。また、さまざまな媒体を経由して発生する予約情報などを一元管理することで、遠隔地からでも効率的な施設運営やゲスト対応を行うことができる。suitebookは現在、ホテル・民泊の運営プラットフォームとして、全国2,300以上の施設に導入されいる。

申し込みは、宿泊運営システム「suitebook」無償提供で行う。

報道資料より

みんなのVOICEこの記事を読んで思った意見や感想を書いてください。