ソニーとANA傘下アバターイン、次世代遠隔操作ロボットを共同で開発、日常生活での実装を目指す

ANAのグループ会社avatarin(アバターイン)とソニーグループのソニーAIは、次世代の遠隔操作ロボットの開発で基本合意した。ソニーAIのAI技術とロボティクス技術、ソニーグループの持つセンシング、アクチュエータデバイス技術と、avatarinの持つ遠隔操作ロボットに関する技術、プラットフォーム、これまでの検証結果を組み合わせることで、誰にでも使いやすい次世代の遠隔操作ロボットの技術を共同で開発し、社会実装に関する検討を始める。

自律型ロボットの導入が安全面やコスト面で難しい場面や、人の物理的な作業が困難な場面での活用を想定。テレプレゼンス技術とともに、オフィス、店舗、家庭など日常社会のさまざまな場面での実装を目指す。

みんなのVOICEこの記事を読んで思った意見や感想を書いてください。