宿泊業界の新型コロナ対応ガイドライン発表、入館時からチェックアウトまで細やかな具体的な感染防止策を提示

全国旅館ホテル生活衛生同業組合連合会、日本旅館協会、全日本シティホテル連盟は2020年5月14日、39県で緊急事態宣言が解除されたことを受けて、「宿泊施設における新型コロナウイルス対応ガイドライン(第1版)」を発表した。

具体的な感染防止対策については、新型コロナウイルス感染症対策専門家会議の提言にしたがって、留意すべき基本原則と各エリア・場面の共通事項と各エリアごとの留意点に分けて策定した。

基本原則としては、従業員と宿泊客および宿泊客同士の接触をできるだけ避けること、チェックイン/アウトでの密の回避、マスクの着用、消毒設備の設置、施設および客室の換気、従業員の毎日の健康チェックなどを明記した。

各エリアごとの留意点では、入館時(ロビーなど)、送迎時、チェックイン、エレベーター、客室、大浴場、食事関係、チェックアウト、清掃などの作業、トイレ、従業員などの休憩スペースに分けて、具体的に注意すべきことを列記。そのなかでも、特に食事については、宴会や会食などの機会も多く感染リスクも高いことから、より細かいガイドラインを設けた。

このほか、宿泊客の感染が疑われる場合についても、その対応の方法を明記した。

宿泊施設における新型コロナウイルス対応ガイドライン(第1版)

みんなのVOICEこの記事を読んで思った意見や感想を書いてください。