ANA、2021年度入社採用を中止、新型コロナ収束見通せず事業計画策定困難で

(c) stock.foto

ANAホールディングスは2020年7月10日、ANAグループの2021年度入社採用を中止すると発表した。新型コロナウイルスの感染拡大による影響で国内外の移動需要が減退。5月8日付で採用の一時中断を発表していたが、依然として収束が見通せず、今後の事業計画策定が困難なことから中止を決断した。

2021度の採用は、2020年3月以降、ANAや傘下LCCのピーチ(Peach)をはじめとするグループエアラインで地上職や客室常務職など800名程度、国内の空港会社各社で1750名程度など、ANAグループ37社で計3200名程度を募集していた。すでに通知していた内定に変更はなく、運航乗務職、障がい者を対象とした採用活動は継続する。

みんなのVOICEこの記事を読んで思った意見や感想を書いてください。