米・旅行調査フォーカスライト、旅行テックの大規模オンラインイベント開催、テーマは「次の時代に向けた業界再編」、9月3日から(PR)

旅行調査の世界大手フォーカスライト社が2020年9月、欧州発のオンラインイベント「フォーカスライト・ヨーロッパ2020」を開催する。

9月3日の「イノベーションサミット」では、EMEA(ヨーロッパ、中東、アフリカ)地域を対象とするスタートアップピッチなどを実施。9月9~10日は観光・旅行各分野のリーダーによるキーノートセッションやパネルディスカッション、 同社による最新調査結果の発表、出展者によるバーチャルブースを展開。10日にはアジア発・デジタル旅行イベント「WiT」のヨーロッパ版(WiTヨーロッパ)を開催し、コロナ禍を迎えた欧州において「アジア市場のその先(Asia and Beyond )」を見据えた議論も予定する。

そのほか、参加者同士のネットワーキングや「バーチャルハッピーアワー」の機会も提供。これら多彩なプログラムをすべてオンラインプラットフォームで展開する。

詳細・申し込みはこちら⇒「フォーカスライト・ヨーロッパ・オンライン2020」

※8月14日までの早期申し込み者には、スタートアップ企業のデータベース、欧州市場の最新情報、欧州消費者による意識の研究報告書など、2000ユーロ相当のオプションを提供予定。
※トラベルボイスはフォーカスライトの公式メディアパートナーとなっています。

テーマは観光・旅行産業の「次世代(NEXT ERA)」

欧州では、新型コロナ禍を受けて閉鎖されていた国境が徐々に解放され、旅行客に対する移動制限も緩和される地域がある一方、旅行市場の経済回復への道のりはまだ始まったばかり。旅行会社をはじめ、サービス業、情報産業、流通、輸送、マーケティングなどさまざまな分野のビジネスはいまだ混沌とした状態にあり、長期的な検討と判断が求められる状況だ。

このような状況を受け、今回のイベントでは「観光産業の次の時代に向けた再統合、再編成、学び」をテーマに設定。ホテル、バケーションレンタル、OTA、航空、最新デジタルテクノロジー分野の主要企業のリーダーを迎えて業界の将来を議論する。

9~10日のメインステージのエグゼクティブインタビューでは、トラベルポートCEOのほか、ホテル・トゥナイトとAirbnb(エアビーアンドビー)のCEOの対談、スイスで宿泊事業などを広く展開する大手不動産会社「オラスコム・デベロップメント」など、欧米から業界首脳陣が多数登壇。また、分野別のラウンドテーブル、航空業界ではIATA(国際航空運送協会)やSITA(国際航空情報通信機構)などの専門団体のセッションも設けられる予定だ。

「フォーカスライト・ヨーロッパ・オンライン2020」開催概要は下記のとおり。

開催要項

みんなのVOICEこの記事を読んで思った意見や感想を書いてください。