JTB、「ワーケーション」需要開拓へ、地域と連携でコンテンツ開発強化

JTBは、ニューノーマル時代のワーケーション需要開拓を強化する。ワーケーションとはワークとバケーションからつくられた造語で、旅先で働きながら休暇を取ること。企業、従業員とワーケーション拠点となる地域とのマッチングを図るほか、自治体・地域と連携してワーケーションコンテンツを開発し、個人や法人向けの販売を強化する。

新型コロナウイルス感染拡大の影響で、働き方が急激に変化していることが背景。具体的には、沖縄県のカヌチャベイホテル&ヴィラズで長期滞在型リゾートワーケーション、神奈川県観音崎でスノーピークのキャンプ用品を使ったアウトドアワークスタイルなどの提案を想定している。

個人向けには有給休暇中の旅行先で働く休暇活用型とテレワーク型、法人向けにはリゾートや温泉で実施するミーティングや研修などのグループワークの需要開拓を図る。

みんなのVOICEこの記事を読んで思った意見や感想を書いてください。