タヒチ、観光再開後のキャンセル料免除を来年3月末まで延長、2022年3月まで価格据え置きも

タヒチ観光局によると、タヒチでは2020年7月15日の国境再開後に設定したキャンセル規定の優遇措置について、その適用期間を当初の2020年9月30日から2021年3月31日まで延長する。この措置は2021年6月30日までのフランス領ポリネシア内の旅行に適用される。

キャンセル料または変更手数料が免除されるのは以下の場合。

  • 旅行者の居住国のロックダウン。
  • 経由国の国境が閉鎖されたため、フランス領ポリネシアに旅行できなくなった場合。
  • フランス領ポリネシアにおけるロックダウン。
  • 出発前にCovid-19検査が陽性であることが判明したためにフランス領ポリネシアに旅行することができなかった場合。
  • 旅行者がフランス領ポリネシアに滞在中にPCR検査の陽性が判明した場合。

事前支払の場合、最初の予約日から12か月以内に払い戻しが行われる。

また、旅行者に対する追加の優遇策の一環として、優遇措置への参加企業は、2022年3月31日まで価格を引き上げないことで合意している。

みんなのVOICEこの記事を読んで思った意見や感想を書いてください。