観光庁長官表彰、「瀬戸内国際芸術祭」や「みちのくトレイル」が受賞、ももクロに特別感謝状も決定

観光庁は、第12回観光庁長官表彰の受賞者を発表した。魅力ある観光地づくりや魅力の発信など、観光振興と発展に貢献した個人や団体を表彰するもので、今年度は「瀬戸内国際芸術祭実行委員」と「みちのくトレイルクラブ」「宮田静一氏(安心院町グリーンツーリズム研究会会長)」の3者を選出した。

「瀬戸内国際芸術祭実行委員会」は、国内外の多数のアーティストが参加し、海外のメディアにも注目される同イベントを創出し、同エリアのブランディングと地域活性化に貢献。「みちのくトレイルクラブ」は、観光を通じた地域復興と、訪問者と地域住民との交流による持続可能な地域計画と観光振興への寄与を評価した。

安心院町グリーンツーリズム研究会会長の「宮田誠一氏」は、会員制農村民泊「安心院方式」を生み出し、国の旅館業法や食品衛生法の改正などに影響を与えるなど、グリーンツーリズムの推進に貢献した。

このほか今回は、アイドルグループのももいろクローバーZに、特別感謝状の贈呈を決定。地方自治体と連携した地域活性化への貢献を評価した。

みんなのVOICEこの記事を読んで思った意見や感想を書いてください。