新型コロナのリスクを可視化する世界マップが登場、国別に分野別に表示、「医療」「安全性」「ロジスティックス」などで

リスクマネジメントソリューションを提供するインターナショナルSOSは、「COVID-19インパクトマップ」を作成した。これは、新型コロナウイルスが、 各国の医療、安全性、ロジスティックなどに及ぼす影響を可視化したもの。多くの企業が事業再開を目指すなか、従業員の健康と安全を守るための新しいソリューションとして開発された。

新型コロナウイルスの影響度を測定する事業評価指標の知見や分析結果を集結させた情報は、「International SOS Risk Map」で一般公開されている。

「COVID-19インパクトマップ」は、多国籍企業に対して国レベルのリスクインサイトを提供することを目的として、「新型コロナウイルス感染者数の14日間移動平均」「健康と安全に関わる潜在的な脅威」「国内移動規制および海外渡航規制」「現地での規制緩和策およびその効果」について、毎日情報を更新しながら国別の影響度を1~5のスケールで示している。

報道資料よりCOVID-19インパクトマップ

みんなのVOICEこの記事を読んで思った意見や感想を書いてください。