香港政府観光局、観光事業者に衛生対策ロゴ付与、基準ガイドラインを設定、参画事業者に旅行者受け入れ再開に向け

香港政府観光局は、香港の主要な適合性評価機関のひとつである香港品質保証局(HKQAA)と提携し、新型コロナウイルス感染対策の取り組みを大幅に強化するための衛生対策基準実施要項を発表した。香港へのインバウンド旅行の再開に向けて、基準化された感染拡大防止のガイドラインを観光業に提供することが目的。

実施要項の対象はショッピングモール、ホテル、レストラン、小売業、バス会社、観光施設、旅行代理店など。参加する企業や店舗は、一連の衛生および感染拡大防止策を遵守することが求めらる。要件を満たした企業や店舗の詳細はHKQAAのサイトに公表。また、事業者は実施要項への参加を示すロゴを掲示することできる。

香港政府観光局のパン・ユウカイ(彭耀佳)会長は「旅行者にとって公衆の衛生と安全が最重要事項になっている。香港では、各分野での衛生対策を基準化することで、香港全域で感染拡大防止策を強化していく。香港政府観光局は、今後も観光産業や関連分野での感染拡大防止策の推進を強化し、香港が健康で安全な旅行先とであるというイメージを確立し、旅行者の香港への旅行への信頼感を高めていく」とコメントしている。

感染対策ロゴ(報道資料より)

みんなのVOICEこの記事を読んで思った意見や感想を書いてください。