テレコムスクエア、海外出張用に「空のスマホ」レンタル開始、追跡アプリ利用でセキュリティ不安の需要に

テレコムスクエアは、1日300円で貸し出すWi-Fiルーターとともに利用できる海外用スマートフォンのレンタルを開始した。貸し出すのは、SIMカードなしの「カラのスマホ」。防疫管理の観点から独自の追跡アプリや健康管理アプリなどを導入する国・地域が増える一方、個人や会社のスマホに海外製のアプリをインストールすることにセキュリティ面から不安を感じる出張者のニーズに対応する。

同社によると、新型コロナウイルスの世界的な流行で海外出張が大幅に減少しているものの、海外用モバイルWi-Fiルーターや携帯電話レンタルの利用は徐々に増えている。渡航制限の緩和に伴い、海外出張を再開する人は増加するとみられるものの、海外で義務付けられている追跡アプリをインストールすることへの不安も強く、「カラのスマホ」を提供することで、コロナ禍で変化する海外出張需要のニーズを取り込みたい考えだ。

みんなのVOICEこの記事を読んで思った意見や感想を書いてください。