マリオット、MICE主催者向けに感染防止プログラムを提供、参加者の旅行前検査やアプリでの健康チェックを実施

マリオット・インターナショナルは、2021年1月からアメリカのホテルで、MICE主催者向けにグルーブミーティングに特化した感染防止対策オプションの提供を始める。このオプションは、同社が近頃立ち上げたMICE主催者向けプログラム「Connect with Confidence」のもとで構築されるもの。

このオプションには、旅行前の新型コロナウイルス検査、到着後のホテルでの検査、モバイルアプリを活用した健康チェック、イベントエリア入口での検温などが含まれる。まず、フロリダ州、テネシー州、テキサス州、コロラド州の「ゲイロード・ホテルズ・アンド・リゾーツ」で導入され、その後全米で他のブランドにも拡大していく予定。

マリオットでは、感染防止対策として、スタッフのフェイスシールド着用、ソーシャルディスタンスの確保、ミーティングルームの座席の間引き、アクリル板の設置、手指消毒液の設置などを実施。さらに、2020年11月にはバージニア州で、リアルとバーチャルを組み合わせたハイブリット・ミーティングを初めて開催した。

みんなのVOICEこの記事を読んで思った意見や感想を書いてください。