東京ディズニー、曜日や時期で金額が異なる変動価格制を導入へ、ホテル宿泊者向けの開園前入場券も登場

image via Shutterstock.

オリエンタルランドは、東京ディズニーランドと東京ディズニーシーで、2021年3月20日の入園分から変動価格制を導入することを決めた。新たなチケット体系では、時期や曜日ごとに異なるチケット価格が設定されることになる。チケットの変動価格制を導入することで、入園者数の繁閑差を平準化し、テーマパークの価値向上を図る考え。

チケットの変動価格制での1デーパスポートの価格は、大人8200円~8700円、中人6900円~7300円、小人4900円~5200円。土日・祝日・春休み・ゴールデンウィーク期間などは価格は 8700 円(大人)を予定。

また、2021年2月20日入園分から、ディズニーホテル宿泊者向けに、午前8時から東京ディズニーシーに入園が可能となる「アーリーエントリーチケット」を販売する。価格は3000円(税込)。対象期間は2021年2月20日~3月31日で、販売対象日はチェックイン日の翌日以降のホテル滞在日(チェックイン日は対象外)。

みんなのVOICEこの記事を読んで思った意見や感想を書いてください。