北海道の空港連絡バスでVisaタッチ決済、北都交通が導入、運賃支払いをスムーズに

北海道の北都交通は、道内で運行する空港連絡バスにVisaのタッチ決済を導入する。導入時期は2021年春で、道内の公共交通機関にVisaのタッチ決済が導入されるのは初めて。乗降車時の運賃支払いをスムーズにするとともに、コロナ禍で非接触のタッチ決済に対する消費者意識の高まりに対応する。

バスの乗降車時に、車内に設置された読み取り端末にVisaのタッチ決済対応カード(クレジット、デビット、プリペイド)やスマートフォンをかざすと、運賃精算できるようにする。Visaのタッチ決済は日本を含む世界200カ国・地域で展開されているセキュリティ認証技術を活用した決済方法。

なお、同事業は、国土交通省の日本版MaaSの普及に向けたキャッシュレス決済の導入に対する支援事業に選定されている。対象区間、時期は後日発表する。

みんなのVOICEこの記事を読んで思った意見や感想を書いてください。