赤羽国交大臣、GoToトラベル再開の判断は1月末から2月頭に、臨時交付金による部分的再開にも含み

赤羽一嘉国土交通大臣が2021年1月26日の会見で、2月8日以降のGoToトラベル事業の再開について、「今月末から来月頭にかけて、これからの感染状況や医療の提供体制などを踏まえて、改めて政府全体で判断していくということになる」との認識を示した。緊急事態宣言の再発令に伴い、GoToトラベルは当面2月7日まで全国的に停止されている。

また、一部の県の知事から、GoToトラベル事業の部分的再開の要望が出ていることについて触れ、「第3次補正予算で地方創生臨時交付金1.5兆円の増額が見込まれている。これをそれぞれの地域、あるいは観光関連で活用してもらうのも有用ではないか」との考えを示した。

観光関連事業者に対する支援については、キャンセル見合いの支援金への対応のほか、実質無利子・無担保融資の上限額の引上げ、雇用調整助成金の延長などで、全国の地方運輸局などに相談窓口を設けたとしたうえで、「ある意味ではプッシュ型で、観光関連事業者の相談に乗りながら、国として用意している支援措置を十分活用してもらえるようにしていく」と述べた。

みんなのVOICEこの記事を読んで思った意見や感想を書いてください。