沖縄県、那覇空港でPCR検査を実施、緊急事態宣言発令地域からの来訪者に、オンラインで事前申し込み

沖縄県は、国および自治体独自の緊急事態宣言が発令されている地域からの渡航者を対象に那覇空港でのPCR検査を始めた。この取り組みは「那覇空港PCR検査プロジェクト(NAPP)」と呼ばれるもの。沖縄県では、来沖前のPCR検査を推奨しているが、やむを得ない事情で検査が受けられない来訪者で希望者に対して実施する。

実施期間は3月末までを目途とし、1日200人程度(当面は100人程度)の検査実施を見込む。唾液検体の採取は、沖縄民間PCR検査機構が国内線ビル内ミーティングルームで実施する。検査費用は7000円(県内在住者は5000円)で、オンラインで申し込みを受け付ける。結果は、基本的に翌日に連絡となる。

みんなのVOICEこの記事を読んで思った意見や感想を書いてください。