東北で「伝承ロード」バスツアー運行、震災遺構の見学など「復興」を観光資源化、定期バス化も視野

観光庁のあたらしいツーリズム広報事務局によると、同事業の一環で2021年2月11日から3月3日までの21日間、東北の女川町、石巻市、東松島市、松島町をめぐる「伝承ロードバス」が運行される。2011年の東日本大震災から間もなく10年を迎えるなか、震災遺構を見学、語り部の話を聞き、教訓や学びが得られる日帰り周遊プログラム。将来的には、地域モビリティを兼ねた定期バス化を目指す。

プログラム開発の背景には、東日本大震災から10年を経ても、震災ボランティア、遠隔地に定住した避難者や国内外からの旅行ニーズは強いが、被災地に十分な周遊ルートや観光プログラムが整備されていないことがある。主要駅から被災地や震災伝承施設をめぐるコースを設定し、元住民墓参や観光ニーズも含めた、伝承ロードバスとして運行。復興そのものの観光資源化も図る。

みんなのVOICEこの記事を読んで思った意見や感想を書いてください。