世界的高級ホテル「アマン」の創業者が、日本で新旅館「Azumi」を開業、尾道市で築140年の旧堀内邸を改装

Azumi Japanは2021年3月1日、尾道市瀬戸田に旅館「Azumi Setoda」と銭湯付きの旅籠「yubune」を開業した。Azumiは世界的なラグジュアリーホテルブランド「アマン」創業者のエイドリアン・ゼッカ氏らが立ち上げた新旅館ブランド。土地に根付く伝統を尊重しつつも、ゼッカ流の日本文化の新しい表現としての旅館を提案していく。

「Azumi Setoda」は50~70平米の計22室の客室に加え、庭園、あずまや、ダイニングなどで構成。別棟の「yubune」には銭湯とサウナ、湯上りラウンジ、客室14室を備える。瀬戸田に約140年佇む邸宅「旧堀内邸」を、建物外観や柱などを最大限受け継ぐ形で改装。食事も堀内邸が客を招いたときに振る舞うような、家庭料理、宴会料理といった側面を持つ内容で提供する。「yubune」の銭湯は斬新な銭湯壁画が特徴。宿泊客だけでなく、ビジターも利用できる。

また、しまなみ海道ならではのサイクリングツアー、特産品であるレモン狩りなど、地域の魅力に触れるアクティビティも用意。同社は「地域全体ににぎやかな連携をもたらすような旅館を目指したい」とコメントしている。

宿泊料金は「Azumi Setoda」銭湯入浴、朝食込みで約6万5000円から「yubune」が銭湯入浴、軽い朝食込みで約2万円から(いずれも税・サ別)。

みんなのVOICEこの記事を読んで思った意見や感想を書いてください。