ANA、バーチャル旅行プラットフォーム開発へ、2022年開始、アバターなどで新しい旅行やショッピング体験

ANAホールディングスは、新たにANA NEO社を設立し、バーチャルトラベルプラットフォーム「SKY WHALE」の開発と運営を始める。新しい旅の価値体験の創造に向けて、2022年のサービス開始を目指す。

ANA NEO社は、ANAグループが航空会社としてこれまで培ってきた知見、マイレージプログラム、グループ会社のavatarinが開発した普及型アバターロボット「newme」で提供している各種サービスを最大限活用することで、バーチャル空間における旅行やショッピングなどの消費体験を提供するとともに、「地産外商」による地域創生、経済発展と社会的課題の解決を進めていく。

SKY WHALEは、「Sky パーク」「Sky モール」「Sky ビレッジ」の3つのサービスで構成。総合プロデューサーにはロールプレイングゲーム「ファイナルファンタジーXV」を世界的に成功させたJP GAMES の田畑端氏が就任する。

旅のテーマパーク「Sky パーク」は、3D CG による世界の都市や絶景スポットを舞台に、誰もが気軽に楽しめる新しい旅行体験を提供。バーチャルでの旅行体験に合わせた現実の旅行を提案することで、予約も可能にするほか、トリップアドバイザーなどのパートナーともに需要の喚起に取り組む。

空港でのショッピング、エンターテイメントをイメージしたバーチャルショッピング空間「Sky モール」は、ショッピングや各種イベント体験を提供。越境ECを実現し、地域創生や地産外商を促進していく。 

未来の街をイメージした空間「Sky ビレッジ」では、バーチャル上での医療・教育・行政などのサービス展開していく。

バーチャル空間のイメージ(報道資料より)

みんなのVOICEこの記事を読んで思った意見や感想を書いてください。