シンガポール航空、旅客向けにカーボンオフセット制度を開始、今後はマイルを使った排出量分の購入も、貨物や法人向けでも

シンガポール航空グループは、特設ウェブサイト上でカーボンオフセット・プログラムを開始した。これにより、シンガポール航空とグループのLCCスクートの旅客は、フライトの前後でいつでも二酸化炭素排出量を購入することで、自身で排出量をオフセットすることが可能になる。また、両航空は、プログラム開始から最初の6ヶ月間、利用者の購入と同量の排出量を購入する。

シンガポール航空のカーゴ利用者は今年7月後半から、法人は第4四半期から、このプログラムに参加することが可能。

さらに、第4四半期からは、シンガポール航空のHigherFlyerポイントを利用して、排出量を購入することも可能にする。

このプログラムはの運用では、オーストラリアの「Tasman Environmental Markets (TEM)」によって開発された「BlueHalo」デジタル・ソリューションを活用する。

みんなのVOICEこの記事を読んで思った意見や感想を書いてください。