個人間カーシェアで本人確認の負担軽減、エニカがスマホ撮影の免許証の判定を補助するツール導入、大日本印刷のID確認技術

大日本印刷(DNP)と、DNPグループで各種IDカード用機器を販売するDNPアイディーシステムはこのほど、DeNA SOMPO Mobilityが運用する個人間カーシェアサービス「Anyca(エニカ)」の本人確認に、同グループのサービス「ID確認 for eKYC」が採用されたと発表した。

「ID確認 for eKYC」は運転免許証の真贋判定を補助するサービス。画像を確認するスタッフの作業負荷を軽減するとともに、本人確認の精度を高め、カーシェアサービスの信用と安全性の向上に貢献したいとしている。

「ID確認 for eKYC」は、スマートフォンやタブレット端末で撮影した運転免許証の画像から「真贋スコア」を算出し、判定を補助する。券面の偽造や改ざんなどを高い精度で判定し、本人確認におけるセキュリティ向上と業務負荷の軽減につなげる。「Anyca」はこれまで確認を目視で行っていたため、判定精度の向上とオペレーターの業務負荷軽減が課題になっていた。

みんなのVOICEこの記事を読んで思った意見や感想を書いてください。