ナビタイム、観光事業者ら向けに新たな地図APIの提供開始、大型車を考慮したルート検索など

ナビタイムジャパンは2021年7月19日から、物流事業者や観光事業者向けに、移動や業務をサポートする新バージョンの地図APIを提供開始した。同社では、位置情報を活用したDXが広がる中、地図上で表現できる情報や機能を増やすことで、位置情報を活用した業務をサポートするとしている。

新バージョンの地図では、従来に比べ約10倍となる数千個のマーカー表示(地図上の目印)を可能に。また、地図の回転、新規開通道路の地図上への反映を最速でできるようにした。

具体的には、数千個の地点マーカーを地図上に表示することで、大型車を考慮したルート検索や、APIと組み合わせた物流や動態管理が可能になる。地図の回転や3Dランドマーク表示により、スマートフォンでの地点確認もわかりやすくなる。新規開通の道路表示も充実させる。

報道資料より

みんなのVOICEこの記事を読んで思った意見や感想を書いてください。