JAL、短期農業研修の参加者募集、交通費・宿泊費無料、地域移住や就農を促す農水省の事業で

JALは2021年8月18日、地域に滞在し農業体験ができる「JAL農業留学2021」の参加者募集をウェブ上で開始した。農林水産省の農山漁村振興交付金採択事業として、交通費・宿泊費は無料。農山漁村と新規就農希望者との理解を深める機会として実施する。

「JAL農業留学2021」は、事前のeラーニングと地域での農作業をセットにした短期農業研修。少しでも農業に興味がある人に気軽に参加してもらうことで、将来的に地域移住や就農につながるきっかけとなることを目指す。

現地研修は約2週間で、1日のうち半日が農作業、半日が自由時間となる。対象は東京、神奈川、埼玉、千葉在住の20歳以上60歳未満。各地域20名程度募集する。研修地域と実施期間は下記のとおり。

  • 岩手県遠野市(野菜・米・果樹農家) 2021年10月3~16日
  • 秋田県藤里町(米・花卉・果樹・野菜・畜産農家) 2021年10月10~23日
  • 宮城県蔵王町(果樹・野菜農家) 2021年10月31日~11月13日
  • 岩手県八幡平市(野菜農家) 2021年1月16~29日

JAL農業留学2021・専用サイト

みんなのVOICEこの記事を読んで思った意見や感想を書いてください。