中小機構、IT導入や非対面化への取り組みに補助金、9465事業者を採択

中小企業基盤整備機構(中小機構)は、「サービス等生産性向上IT導入支援事業(IT導入補助金)2021」として、2019年度補正予算「通常枠(A・B類型)」および2020年度第3次補正予算「低感染リスク型ビジネス枠(特別枠::C・D類型)」の二次締切分の補助事業者9465者を採択した。

通常枠(A・B類型)は、中小企業・小規模事業者がITツールを導入する経費の一部を補助するもの。低感染リスク型ビジネス枠(特別枠:C・D類型)は、ポストコロナに対応するビジネスモデルへの転換に向けて、対人接触を低減する業務形態の非対面化に取り組む中⼩企業・小規模事業者に対して、通常枠(A・B類型)よりも補助率を引き上げて優先的に支援する。

みんなのVOICEこの記事を読んで思った意見や感想を書いてください。

注目観光局 セレクト5SPONSORED

トラベルボイスが注目する観光局の特設サイトです。ロゴをクリックすると注目観光局のインタビューやニュースを一覧することができます。

観光産業ニュース「トラベルボイス」編集部から届く

一歩先の未来がみえるメルマガ「今日のヘッドライン」 、もうご登録済みですよね?

もし未だ登録していないなら…