JR東日本、駅でロボットのバリスタがコーヒー提供、無人で、シンガポールのスタートアップと提携

東日本旅客鉄道(JR東日本)は、海外スタートアップとの連携強化に向け、シンガポールのCrown Technologies Holding(Crown社)と提携した。同社が開発したロボットのバリスタ「Ella(エラ)」を活用した無人化・省人化による新たなコーヒーサービスの実装に向け、東京駅と横浜駅でテストマーケティングを実施する。飲食店のコスト構造改革や券売機跡地の利活用につなげるとともに、非接触・非対面の新たなサービスを提供していきたい考えだ。

テストマーケティングは2021年12月に予定。ロボバリスタEllaは、バリスタが行う一連の作業を無人化したテクノロジー。Crown社のアプリ、クレジットカード決済を使って待ち時間なしでコーヒーを受け取れるほか、交通系ICアプリではタッチパネルでオーダーできる。テストマーケティング後は、ロイヤルカスタマー向けサービスとして、AIを使ってカスタマイズしたお好みコーヒーサービスを提供する予定。Crown社と日本法人立ち上げも計画している。

JR東日本のこれまでオープンイノベーションの取り組みは国内のスタートアップ企業が中心だったが、海外発の多様な発想から生まれるサービスを取り込むことで、駅と顧客をつなぐ「Beyond Stations構想」を推進する。

みんなのVOICEこの記事を読んで思った意見や感想を書いてください。