神戸空港、ロボット接客の実証実験を開始、遠隔対話で空港を案内、2025年の大阪万博での実用化を見据え

関西エアポート神戸は、神戸空港で複数の遠隔対話ロボットによる案内および接客などの実証実験を2021年9月17日から実施する。この実証は、サイバーエージェントの研究開発組織「AI Lab」と大阪大学大学院基礎工学研究科により、ムーンショット型研究開発事業の一環である「ロボットによる次世代サービスの実現」をテーマとしたプロジェクトとして行われるもの。

神戸空港では、2025年の大阪・関西万博を見据えて、空港で満足度と顧客体験の向上を目指す。

実証は神戸空港ターミナルビル2階と3階で行われ、10体のロボットを設置し、2人のスタッフがロボットを通して遠隔で案内やお勧めのメニューの紹介などを行う。また、9月26日までの期間中、ターミナルビル1階到着フロアで約10体のロボットによる旅行者のお迎え(Welcoming コンテンツの実演)も実施する。

みんなのVOICEこの記事を読んで思った意見や感想を書いてください。