マリオット、予約機能の最新化でアマデウス導入、クラウドで個人に最適化、付帯サービスの提示など

マリオット・インターナショナルは、アマデウスのクラウドベースCRSソリューション「アマデウス・セントラル・リザベーション・システム(ACRS)」を導入する。今後数年にわたって、マリオットは予約システムをACRSに統合することで予約インフラを最新化する。

ACRSによって、マリオットは、顧客の属性に合わせて予約時にスパなどの付帯サービスを提示すなど、よりパーソナライズさられた販売能力を持つことができるようになる。

ACRSは、プロパティマネジメントシステム、ロイヤルティプログラム、収益管理システム、データウェアハウス、その他サードパーティシステムなど宿泊施設のビジネスを支援するために構築されたクラウドベースのソリューション。運用効率性を向上させるとともに、シームレスなサービス展開を可能にする。

みんなのVOICEこの記事を読んで思った意見や感想を書いてください。