京都老舗の造園会社が非公開の寺院をめぐるツアー企画、東本願寺など、僧侶や庭師が案内

京都の植彌加藤造園は2022年1、2月に、京都「東本願寺」や名勝「渉成園」を訪れるツアーを開催する。観光庁「既存観光拠点の再生・高付加価値化推進事業」に採択され、通常は非公開の文化財施設を僧侶、庭職人が案内する内容。特別価格で販売する。

東本願寺ツアーは、御影堂門楼上、非公開諸殿を本山僧侶が案内。白書院での精進料理「お斎(おとき)」体験も付く。開催日は1月23、30日、2月6日で、料金は5000円。

また、東本願寺の飛地境内地の提案である渉成園のツアーは、御用達職人による松のお手入れ実演と庭園解説、通常非公開の大書院「ろう風亭」と2階建ての茶室「蘆菴」の特別拝見、庭園コンシェルジュの案内が含まれる。開催日は1月24、27日、2月1日で料金は3000円だ。

みんなのVOICEこの記事を読んで思った意見や感想を書いてください。

注目観光局 セレクト5SPONSORED

トラベルボイスが注目する観光局の特設サイトです。ロゴをクリックすると注目観光局のインタビューやニュースを一覧することができます。

観光産業ニュース「トラベルボイス」編集部から届く

一歩先の未来がみえるメルマガ「今日のヘッドライン」 、もうご登録済みですよね?

もし未だ登録していないなら…