熊野古道にコンテナ1棟が客室となるヴィラ型ホテル、中辺路ルートを泊まり歩く2カ所目、無人運営で4月28日開業

不動産開発・ホテル運営の日本ユニスト社は、熊野古道の宿場町である和歌山県田辺市中辺路町近露に、コンテナハウスヴィラ「SEN.RETREAT CHIKATSUYU」を2022年4月28日開業する。コンテナ1棟を1つの客室とするヴィラ型の無人ホテル。無人運営宿ブランド「SEN.RETREAT」2カ所目となる。

施設は6人用が2棟、4人用が3棟、2人用が2棟。寝室のほか、ペットと泊まれるプライベートガーデンや焚火を囲むテラス、ピザ窯などを備える。同社は熊野古道の参詣道「中辺路ルート」沿いに宿を計4カ所作る計画で、第1弾として田辺市中辺路町高原で、空き家をリノベーションした1棟貸し宿「SEN.RETREAT TAKAHARA」を2021年10月開業した。第3弾は田辺市本宮町、第4弾は新宮市熊野川町に2022年中に開業する予定だ。

「SEN.RETREAT CHIKATSUYU」の開業に合わせ、「熊野古道を泊まり歩くルートプラン」を販売する。1日目に「SEN.RETREAT TAKAHARA」、2日目に「SEN.RETREAT CHIKATSUYU」に宿泊し、2泊3日で熊野本宮大社を目指して歩くプランとなっている。

みんなのVOICEこの記事を読んで思った意見や感想を書いてください。

注目観光局 セレクト5SPONSORED

トラベルボイスが注目する観光局の特設サイトです。ロゴをクリックすると注目観光局のインタビューやニュースを一覧することができます。

観光産業ニュース「トラベルボイス」編集部から届く

一歩先の未来がみえるメルマガ「今日のヘッドライン」 、もうご登録済みですよね?

もし未だ登録していないなら…