京都市、2022年GW客室稼働率は5割超え、大幅改善も、外国人客不在の影響大きく

京都市観光協会(DMO KYOTO)は、2022年ゴールデンウィーク期間の京都市内の宿泊状況を取りまとめた。調査に対して回答協力を得られた施設(14~33件)における客室稼働率は平均で52.9%となり、緊急事態宣言が発出されていた前年同期間の13.3%から大幅に改善した。

期間中最も稼働率が高かったのは5月3日の86.9%。ゴールデンウィーク前半の日程が比較的高稼働となった。

また、コロナ禍前の2018年の状況と比較したところ、2018年のゴールデンウィーク期間の客室稼働率は平均で92.4%で、2022年の同期間(63.3%)とは29.1ポイントの差があり、外国人観光客不在の影響が色濃く残っている状況となった。

みんなのVOICEこの記事を読んで思った意見や感想を書いてください。

注目観光局 セレクト5SPONSORED

トラベルボイスが注目する観光局の特設サイトです。ロゴをクリックすると注目観光局のインタビューやニュースを一覧することができます。

観光産業ニュース「トラベルボイス」編集部から届く

一歩先の未来がみえるメルマガ「今日のヘッドライン」 、もうご登録済みですよね?

もし未だ登録していないなら…