全国旅行支援、実施期間は12月下旬まで、県民割は10月10日宿泊分まで延長

観光庁は全国旅行支援(全国を対象とした観光需要喚起策)の実施期間について、2022年10月11日から12月下旬までと発表した。これにあわせ、現在実施中の県民割は、2022年10月10日宿泊分(10月11日チェックアウト分)まで延長する。

全国旅行支援は、実施中の県民割事業とは別に、国が実施する全国を対象とした需要喚起策。割引率は、全国一律で1人1泊あたり40%で、割引上限額は旅行付旅行商品(鉄道、バス、タクシー・ハイヤー、航空、フェリーなど)の場合、1泊あたり8000円、それ以外は5000円と定めた。また、土産物店、飲食店などで使えるクーポン券は、需要分散を目的に平日は3000円、休日は1000円とする。

なお、 全国旅行支援の実施は、感染状況等を踏まえて実施を希望しない都道府県がある場合は、その都道府県を目的地とする旅行を支援対象から除外されることになる。旅行者に対しては、観光庁では全国旅行支援の実施に当たり、旅行時には基本的な感染対策をするよう、呼び掛けている。

みんなのVOICEこの記事を読んで思った意見や感想を書いてください。

注目観光局 セレクト5SPONSORED

トラベルボイスが注目する観光局の特設サイトです。ロゴをクリックすると注目観光局のインタビューやニュースを一覧することができます。

観光産業ニュース「トラベルボイス」編集部から届く

一歩先の未来がみえるメルマガ「今日のヘッドライン」 、もうご登録済みですよね?

もし未だ登録していないなら…