ジェットスター・ジャパン、日系LCCとして初めて貨物事業を開始

ジェットスター・ジャパン(GK)は、エア・ロジスティックス・ジャパンと物流事業において提携し、日系LCC として初めて貨物事業を7月26日から開始した。当面は成田国際空港と関西国際空港をネットワークハブとして、札幌、福岡、那覇路線でサービスを提供。貨物輸送の体制が整い次第、順 次名古屋(中部)、大分、鹿児島、松山へも拡大していく計画だ。

輸送は安全性および効率性確保のためコンテナを使用する。現在、GKが保有するA320型機13 機はすべて貨物搭載可能機材。1機あたり7台のコンテナを搭載できる。計画では最大で5台を貨物用コンテナとして使用する予定だ。

GK社長の鈴木みゆき氏は、「貨物事業は新たな付帯収入を生み、事業の成長を加速させる重要な新規事業。 GKは、就航以来、国内路線網の拡充に注力しており、現在LCC としては国内線において最大の便数を運航している。そのネットワークを活用して、国内旅客輸送のみならず、国内貨物輸送を提供することで、航空輸送の更なる利便性向上に貢献してきたい」とコメント。今後、GKは、ジェットスターグループとの国際線接続も活用しながら、国内際の物流の更なるスピードアップと効率化を図っていく考えだ。

みんなのVOICEこの記事を読んで思った意見や感想を書いてください。

注目観光局 セレクト5SPONSORED

トラベルボイスが注目する観光局の特設サイトです。ロゴをクリックすると注目観光局のインタビューやニュースを一覧することができます。

観光産業ニュース「トラベルボイス」編集部から届く

一歩先の未来がみえるメルマガ「今日のヘッドライン」 、もうご登録済みですよね?

もし未だ登録していないなら…