JAL、フィリピン台風被害で支援、支援者渡航の協力やマイル寄付など

日本航空(JL)は、2013年11月8日にフィリピン中部レイテ島を直撃した台風30号(ハイエン)の被害に対し、支援金の寄付・救援物資輸送・支援者渡航への協力を発表した。同時にマイル寄付も呼びかけている。

日本航空は、2013年11月12日(火)から12月13日(金)の期間、被災者への支援金として、1,000万円を寄付するほか、救援支援物資のJAL便による無償輸送を行う。救援物資の無償輸送については、依頼主(荷主)および荷受人が官庁・大使館・地方公共団体・国連機関などの営利を目的としない公的機関であること、依頼主(荷主)および荷受人の連絡先が明確であることなどの条件を満たしたもの。支援者渡航への協力は、NGOネットワークである、ジャパン・プラットフォーム(JPF)所属の日本国内の民間援助団体に対し、あらかじめJPFと調整のうえ、救援・復興支援者に対して行われる。

また、JALチャリティ・マイルとして、JALマイレージバンク(JMB)日本地区会員へマイルの寄付を呼びかけ、寄せられたマイル寄付相当額を台風30号の被災地支援に役立てる。受付期間は2013年11月14日(木)から12月15日(日)で、3,000マイル(3,000円に相当)を1口とし、JALホームページから受け付ける。なお、海外地区会員、ホームページを利用しない会員からは各地区JMBセンター、日本地区会員事務局の電話受付からも寄付が可能だ。

ジャパン・プラットフォームは、NGO、経済界、政府が対等なパートナーシップのもと、それぞれの特性・資源を活かし協力・連携して、難民発生時・自然災害時の緊急援助をより効率的かつ迅速に行うためのシステムで、大規模災害が発生した際には、JPFのNGOネットワーク(36団体が加盟)が、経済界・政府からの支援をもとに現地での支援プロジェクトを実施。JALは、2001年の設立時から、その活動に協力している。


みんなのVOICEこの記事を読んで思った意見や感想を書いてください。

注目観光局 セレクト5SPONSORED

トラベルボイスが注目する観光局の特設サイトです。ロゴをクリックすると注目観光局のインタビューやニュースを一覧することができます。

観光産業ニュース「トラベルボイス」編集部から届く

一歩先の未来がみえるメルマガ「今日のヘッドライン」 、もうご登録済みですよね?

もし未だ登録していないなら…