アマデウス、旅行会社の航空予約数の世界シェアが約4割に拡大

アマデウスITホールディングスが発表した2013年第3四半期の業績は、収入が前年比5.8%増の23億6200万ユーロ、調整後利益が6.3%増の5億1220万ユーロとなった。

このうち、旅行予約コンテンツ流通事業の収入は5.5%増の17億8360万ユーロで、旅行会社による航空予約数は6.6%増の3億4080万件に増加。世界シェアは1.8ポイント増の39.9%に拡大した。LCCセグメントの拡大のほか、北米での大手オンライン旅行会社との契約が成長を促進した。

ITソリューション事業の収入は6.6%増の5億7840万ユーロで、搭乗旅客数は8.4%増の4億5550万人に増加。新規顧客と既存顧客の拡大に取り組み、新ビジネスの推進機会を獲得しているという。

アマデウスでは継続成長の基盤を広範なグローバル展開と旅行テクノロジー業界での多様なセグメントへの取組みに置いている。2014年も同様の戦略を継続していく考えだ。


みんなのVOICEこの記事を読んで思った意見や感想を書いてください。