スクート、B787で機内Wi-Fi接続が可能に、受領は2014年11月

スクート(TZ)は、長距離型のB787-9型初号機を2014年11月に、B787-8型初号機を2015年半ばまでにそれぞれ受領する。スクートの親会社となるシンガポール航空(SQ)は、これまでにB787-9型10機とB787-8型10機をそれぞれ発注している。

B787-9型では、TZは世界で2番目のオペレーターとなる見込み。総座席375席のうち、スクートビズは2-3-2の配列で35席、エコノミークラスは3-3-3の配列で340席。足元の広いストレッチシートや12歳以下は利用できないスクーティン・サイレンスも設置するほか、全席に電源を付け、機内Wi-Fi接続も提供する。

スクートは、B787-9型受領にともない、抽選で選らばれた人がTZのキャンベル・ウィルソンCEOとともにシアトルで行われるB787-9型引き渡しセレモニーに参加するというイベントも企画している。


みんなのVOICEこの記事を読んで思った意見や感想を書いてください。