JATA、韓国への日本人旅行者300万人を目標にキャンペーン、商品券プレゼントも

日本旅行業協会(JATA)は韓国への日本人訪問者数300万人を目標に「JATA韓国300万人キャンペーン」を実施する。韓国文化体育観光部、韓国観光公社(KTO)、ソウル特別市、韓国旅行業協会(KATA)の協力のもと実施するもの。韓国文化体育観光部長官の劉震龍氏のウェルカムメッセージやキャンペーンロゴの策定のほか、支援策も実施する。

具体的には「地方伝統都市キャンペーン」として、春川浪漫市場、全州南部市場、慶州中央市場、済州東門市場などが組み込まれた対象ツアーの参加者に、韓国観光公社市場商品券を1名あたり5000ウォン分プレゼント。また、韓国観光公社の支援策として対象の募集型企画旅行にはブローシャーサポートやメディア広告サポートも行なう。実施期間はいずれも2014年5月1日~12月31日まで。

なお、日本人訪問者数は、両国関係の摩擦や円安により激減し、過去最高だった2012年の352万人から2013年は22%減の275万人と大幅に減少した。


みんなのVOICEこの記事を読んで思った意見や感想を書いてください。