JR東日本、新列車「SL銀河」や鉄道が目的になる旅を販売、秋・下期商品で

JR東日本は2014年7月24日から、びゅうの秋・下期商品の販売を順次開始した。東北や北陸、京都での紅葉から年末年始など季節の旅行のほか、「東北レストラン鉄道 TOHOKU EMOTION」など列車自体が旅の目的となるような「のってたのしい列車」の旅も拡充。今年度デビューした「SL銀河」、「とれいゆつばさ」「越のShu*Kura」などのラインナップで展開する。

このほか、E5系とE7系の新幹線に連結されている車両「グランクラス」を利用した商品で、E7系新幹線利用商品も設定。これにより、従来の東北方面のほか、長野方面でも利用できるようにした。また、現地での観光に便利な「びゅうばす」など、2次交通オプションも設定している。

みんなのVOICEこの記事を読んで思った意見や感想を書いてください。

注目観光局 セレクト5SPONSORED

トラベルボイスが注目する観光局の特設サイトです。ロゴをクリックすると注目観光局のインタビューやニュースを一覧することができます。

観光産業ニュース「トラベルボイス」編集部から届く

一歩先の未来がみえるメルマガ「今日のヘッドライン」 、もうご登録済みですよね?

もし未だ登録していないなら…