2014年中小企業の春季賃上げ要求は1.7%増で妥結 -経団連発表

日本経済団体連合会が2014年7月31日に発表した、中小企業2014年春季労使交渉の妥結結果(加重平均)によると、総平均は前年比1.76%増の4416円となった(調査対象は従業員500人未満の17業種741社)。

対象業種すべてで前年を上回ったが、鉄鋼・非鉄金属は2.16%増の5451円、唯一2%台のアップとなり、妥結額も最高額となった。妥結額の順では、印刷・出版が1.85%増の5374円、その他製造業が1.85%増の4947円と続いた。

参考記事>>

みんなのVOICEこの記事を読んで思った意見や感想を書いてください。