スターウッド、MICE・出張手配のプロ向けロイヤリティプログラム開始、BtoB取引が全客室収益の約7割の背景で

スターウッドホテル&リゾートは、同社のロイヤルティプログラム「スターウッド・プリファード・ゲスト(SPG)」で新たなB to B向けプログラム「SPGプロ」を開始した。これは、出張やミーティングの手配を行うトラベルプロフェッショナル向けのプログラムで、専用サイトで「SPGプロ」に登録すると、予約したイベントや法人旅行などの内容に応じて、スターポイントが獲得できるもの。また、このサイトでは、「SPGプロ」メンバー向けにおすすめ情報を提供するほか、SPGプロ・カリキュレーターで個人獲得ポイントを確認することもできる。

SPGプロのメンバーは、SPGが提供するサービスすべてを入手することが可能。ビジネスの予約と個人的な予約を合わせることで、これまで以上に早くスターポイントならびにエリートステータスを獲得することができるようになる。

スターウッド全客室の年間収益のうち約70%は、法人による旅行、ミーティング、イベントやレジャー、旅行代理店経由の旅行者などB to Bによる取引。スターウッドでは、SPGをB to Bにも利用することで、世界中のトラベルプロフェッショナルとより強固な関係を構築していきたい考え。

スターウッドでは、「SPGプロ」開始にあたって、キャンペーンを実施。トラベルプロフェッショナルがスターウッドグループのホテルを予約した場合、エリートステータス、アップグレード、スターポイントを提供する。さらに、トラベルプロフェッショナル以外のSPGメンバーが、団体宿泊、イベント、ビジネス会議などを予約した場合にも、スターポイント、さらにビジネスに有効なエリートステータスを提供する。

みんなのVOICEこの記事を読んで思った意見や感想を書いてください。